トップページへ戻る

 
色は匂へど 散りぬるを (いろはにほへど ちりぬるを)
 
 我が世誰ぞ 常ならむ (わがよたれぞ つねならむ)
 
 有為の奥山 今日越えて (うゐのおくやま けふこえて)
 
 浅き夢見し 酔ひもせず (あさきゆめみし ゑひもせず)



  作者 : 不詳


  意訳 :
   花は美しく咲いてはいても、一陣の風で儚く散ってしまい、楽しく生きて
   いる人もその栄華は続くことはない。悲しいことばかりが続く人生の山を
   越えてきたが、それはまるで酒を飲んで眠った時に浅い夢を見るように、
   今思えば儚いものだ。



  解説 :
   いろは歌は、手習いのはじめに異なったかなを覚えるため、当時の
   異なった音節にあたるかなをすべて集め、意味のある歌としたもの
   (ただし、清音濁音は一つに合併してある)で、いろは仮名四十七
   文字を今様形式の七五調四句の中に織り込んだもの。「浅き夢見し」
   を「浅き夢見じ(浅い夢を見ないで)」と否定形にとる説もある。万葉
   仮名で書かれたいろは歌が見える最も古い文献は承暦3(1079)年
   の金光明最勝王経音義の巻頭。作者は空海との伝説があるが、
   おそらくは10世紀末〜11世紀中葉の成立と見られている。また、
   この歌を7文字ずつ並べ(7行目は5文字)、その末尾の文字を続けて
   読むと「とがなくてしす(咎無くて死す)」となることから、無実の罪を
   賜って死んだともいわれる万葉歌人・柿本人麻呂を偲んで詠んだ
   ものと考える人もいる。

心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る