トップページへ戻る

五重塔・三重塔のページへ戻る

名称

成田山信勝寺三重塔
総高 25m 文化財指定 重要文化財
所在地 千葉県成田市成田1
建立年 正徳2年
(1712年)
建築様式 おおむね和様
構造形式 三間三重塔姿。銅板葺
塔の外観
塔の歴史
成田山新勝寺は真言宗智山派の大本山で、
平将門の乱を鎮めるために、朱雀天皇の
勅命によって寛朝僧正が京都・神護寺に
あった弘法大師の作と伝えられる不動
明王像を奉じて祈願、乱平定の天慶3
(940)年に堂宇を造営したという。本堂
右手に建つ塔は、正徳2(1712)年に建立
されたもので、宝暦7(1757)年、享和元
(1801)
年、安政5(1858)年、昭和56年〜
58年に掛けて大修理が行われた。この塔は
おびただしい彫刻装飾が特徴で、初重の柱、
長押、台輪等には地紋彫りを、各重の
尾垂木の先端部は竜の丸彫で飾り、脇間
板壁には十六羅漢の彫刻がめぐらされて
いる。また、板軒には雲文を浮彫りにして
極彩色を施すなど、全体に漆・極彩色を
塗って要所は金具で飾られている塔である。

俺の感想
コメント

まさに贅を尽くしたという表現がビッタリな
塔で、その豪華絢爛でド派手な装飾は
日本の仏塔の中では日光東照宮の
五重塔
と双璧であると言える。きっと、
好き嫌いが『かなりはっきりと分かれる』
ことは想像に難くない塔である。