前のページへ戻る

トップページへ戻る

「 百選に選ばれた棚田と
  選ばられなかった棚田 」
景観がすぐれているかどうかはともかく、山間部

(特に西日本)を走っていると『あっ棚田だ、

あっそれも棚田だ、これも棚田だよなぁ〜』

というような景観を見掛けることがよくある。

中には百選の棚田にも決して引けを取らない

ものだってかなり沢山ある。対して何でこれが

百選なんだろう?という棚田も少なからずある。

これらは百選に選ばれていなければ立ち寄る

こともなかっただろうし、もし仮に近くを通り

掛かったとしても特に意識をすることも

なかった(気付かなかった?)はずなので、

車を停めてみることもなければ、カメラを

向けることもなかったに違いない。冒頭にも

述べたように山間部を走っていると棚田を

見掛けることは決して珍しいことではなく、

中には棚田として非常に見応えや見映えが

よいものもあるが、その都度車を停めて

写真を撮るということはしていない。実は

そんなことしていたらキリがないというほどに

山間部では棚田と遭遇することが多い

のである。言うなれば、
棚田を棚田として

意識して見てみるか見てみない

(カメラを向けるか向けない)か
は良し悪し

よりも百選に選ばれているかいないかに

よるのである。結局のところ、百選

選ばれた棚田と選ばれなかった棚田を

分けたものは一体何だったのだろうか?