前のページへ戻る

トップページへ戻る

「 棚田の四季(棚田の魅力) 」
辺り一面を覆っていた雪が融けて土が

顔を出す。しばらくすると水が張られ、

稲が植えられる。みるみるうちに稲は

成長して青々と茂るようになる。

梅雨を越え、夏を越え、実りの時を

迎え、収穫直前となった黄金色に

光輝く稲穂の美しさは観るものを

惹きつけて離さないものがある。

やがて収穫された稲穂は天日干しを

され、出荷される。稲作が終わった

田んぼは土に返る。棚田があると

いうことは「すなわち」その棚田を

耕す人がいるということであり、先祖

代々受け継いできた人々の暮らしや

歴史や営みがそこに凝縮されて

いると言えるのである。だからこそ、

「日本の原風景」

と言われるのだろう。

つまり、棚田の四季は日本の

四季そのものであると言っても

決して過言ではないのである。