前のページへ戻る

トップページへ戻る

「 棚田とは(棚田の定義) 」
棚田とは、傾斜が多く平地と比べて

生産条件の不利な中山間地域と

呼ばれる地域において、山の斜面や

谷間の傾斜地に階段状に作られた

水田の総称で、傾斜1/20(水平

方向に20m進んだときに1m高く

なる傾斜)以上の土地にある

水田が棚田と定義されている。

日本では、山がちのところではどこに

でもみられる水田形態で、日本にある

約250万fの水田のうち約22万f

(8%)が棚田であるといわれている。