前のページへ戻る

トップページへ戻る

古くて実は新しい一之宮
誰も写ってない神社の写真を撮るのはかなり

難しい。
特に有名な神社はいつ行っても

誰かがいる。しかしながら、何といっても

神社の神社たる「緊張感が張り詰めて

空気が重苦しくなったような荘厳で厳かな

雰囲気」
は誰もいない境内でこそ、十二分に

感じることができるのである。(という意味で、

私は真夜中に神社を訪ねるのもかなり

大好きである。もちろん写真は撮れないが…)

他にも大勢の観光客や参拝客でごった返して

いる境内では
『完全に興醒めしてしまう』のは

改めて言うまでもない。だから私は誰もいない

境内を、そして誰も写っていない社殿の

写真を撮ることに
徹底的にこだっている。

こだわって、こだわって、こだわり抜いて

ホンの数社を除いてはほとんどの一之宮で

誰も写っていない境内&社殿の写真を

撮ることに成功した。
何度朝一ダッシュを

掛けたことか…。
ここまでこだわったから

には絶対に完結したい。