滝の名前 平湯大滝
滝の写真
所 在 地 岐阜県高山市平湯
滝へのアクセス 駐車場から10分程度で観瀑台に到着。
滝との密着度 滝壷まで行った。
滝を見た時
の感激度
遠望→☆☆☆
滝壺→☆☆☆☆
滝直下→☆☆☆☆☆

〜コ メ ン ト〜

日本の滝百選の一つ。落差64mの滝だが、雄大な景観の

中にあること、幅が6mと広いことなどから、実際の落差

以上に大きいと思える滝であり、それは滝壺へと一歩、

また一歩と近付くにつれて実感する。そして、滝壺へ。

滝壺は浅いようだと思うや否や、滝好きの性でより

一歩でも滝に近付く努力を開始したが「ふと、このまま

真っ直ぐに滝直下を目指さなくても左岸から滝直下へと

回り込めるんじゃないか」と思い、実際にチャレンジして

みたところ、いともあっさりと滝直下にたどり着くことが

できた。さらに滝直下に向かう時に薄々とは感じて

いたのだが、やはりこの滝は滝裏へと入り、裏見が

できる滝であることが判明した。とはいってもあの

豪瀑の水の塊の中に飛び込むわけである…。しかし

何よりも滝裏が大好きな私は迷うことなく滝裏へと

飛び込んでいった。滝は大きく太い流れが2本あって

私はその2本の流れの真ん中まで歩を進め、滝と

自分が一体化したかのような不思議な感覚に

包まれた。滝裏では美しい放物線を描きながら水の

塊が次から次へと怒濤のごとく落ちてくる最高の

たまらない空間が広がっていた。


トップページへ戻る
前のページへ戻る