滝の名前 壇鏡の滝(雄滝)
滝の写真
所 在 地 島根県隠岐の島町那久
滝へのアクセス 車を停めてから5分程度で到着。
滝との密着度 滝壷まで行ける。
滝を見た時
の感激度
☆☆☆☆☆

〜コ メ ン ト〜

壇鏡の滝(雄滝)。日本の滝百選の一つ。この滝は正面に

立った時の景観が最高に素晴らしい。まずは自分を

取り囲み、そして迫ってくるような岩盤に倒される。また

右岸下に目をやればその岩盤の中に壇鏡神社が建って

いるなど人を惹き付けて止まない不思議で魅力的な

空間が広がっている。尚、この滝は水量が少ないことが

多く時には枯れてしまうこともあるらしい。私が訪ねた

時も水量が十分といえるものではなく、霧状に近い感じ

だったので、少し風が吹いただけでも折れ曲がり、

なかなか真っ直ぐに落ちる姿を観ることができなかったが、

逆にそのおかげで強風が吹く度に滝が右に左に前へ

後ろへと大きく折れ曲がる姿を観ることができた。滝壺に

降りた私は何度も滝のシャワーの洗礼を受けたが、雪が

降りしきる中であるにも関わらずそれはこの上もなく

気持ちがいいものだった。これだけでも十分に5点満点

といえる実力を兼ね備えている滝だが、さらに実は

この滝は神社を横切り滝の裏に回り込むことができる、

いわゆる裏見ができる滝なのである。滝の裏は言い様

のない神秘的な空間が広がっている。滝裏から落ち口

を見上げれば円形に丸くくり貫かれたような空から滝が

降ってくるかのようであり、この感覚は口でいくら説明

してもわからないものなので、実際に一度観てほしい

滝である。しかしながら、普段から水量が少なくて

枯れ滝になってしまう(特に雌滝) ことも多いため

一般的にはかなり評価が低い滝である。私は役場の

人の『年末年始は枯れない』という言葉を信じて、

年末年始に訪ねたが、結果、記録的な大雪に

見舞われてしまい、フェリーが2日連続でまさかの

欠航となり、島内に計4日間も閉じ込められてしまう

こととなった。結局、コンビニがないどころか、島内の

ほとんどすべてのお店が閉まっていて、他にする

こともなかった私は大雪の中で計6時間も滞在をして

しまったが、なぜか寒いとはまったく思わなかった。

何しろ『雄が一望できる上に、裏見もできるし、

風に煽られて流身が象さんの鼻のように右に左に

面白いようにクネクネとひん曲がるし…』 等々、感動

してアドレナリンが出まくりだったからに違いない?

きっとこの滝は常時それなりの水量があれば評価も

また違ってくる滝だと思う。

トップページへ戻る
前のページへ戻る