前のページへ戻る

トップページへ戻る

社名 度津神社(佐渡国一之宮)
鎮座地 新潟県佐渡市羽茂飯岡550−4
主祭神 五十猛命
社殿
神社の様子
創建   不詳
旧社格 国幣小社 HP 無し 通算
参拝回数
1回
現在の社殿の
建築年代
本殿:宝永6(1709)年
幣殿・拝殿:昭和12年
文化財
指定
無し

神社の歴史

度津神社は延喜式神名帳で佐渡国九座の
筆頭にあげられている神社であるが、
文明2(1470)年の羽茂川の氾濫により
社殿をはじめ古記・古文書類・別当坊に
至るまでことごとく流失したため、創建などは
不詳である。また、このためか江戸時代に
全国の一之宮を巡礼して「一宮巡詣記」を
著した神道家・橘三喜が当社を訪ねた
際には祭神がよくわからなくなっていた
らしく、祭神を五十猛命と定めたのは
橘三喜であるといわれている。尚、現在の
本殿は宝永6(1709)年の造営、幣殿や
拝殿は昭和12(1937)年に造営された
もので本殿は覆屋根として流造、
前面の幣殿は切妻造となっている。