五重塔・三重塔のページへ戻る

トップページへ戻る

名称

興正寺五重塔
総高 30.00m 文化財指定 重要文化財
所在地 愛知県名古屋市昭和区八事本町78
建立年 文化5年
(1808年)
建築様式 おおむね和様
構造形式 三間五重塔姿。本瓦葺
塔の外観
塔の歴史
興正寺は貞亨3(1686)年に尾張二代藩主・
徳川光友が高野山の天端円照を招いて
開設した名刹で尾張高野と名高い。境内は
東山と西山に分かれており、西山に建つ塔は
七世真隆の時に一文講を発願し、浄財を資と
して文化2(1805)年に起工、同5(1808)年に
建立された。塔は初層が3.9m角の小規模な
塔で塔身が細長く、相輪が短いなど江戸時代
後期の塔の特徴をよく示している。また全体的に
装飾が少なく、建築様式はおおむね和様の
手法でまとめられている。

俺の感想
コメント

興正寺五重塔。興正寺は大都市の中ですっかり
俗化(近代化?)してしまったような感じを受ける
寺である。塔は逓減率が小さい「いわゆる典型的な
江戸時代の塔」で、塔身が細長く観えるため、
極めて安定性に欠き、今にも倒れてしまうのでは
ないかと思えてしまう塔である。正直、この塔は
真正面から直視するのはツラいものがあるので、
少し角度を変えたり、遠望したり、境内の景観の
一つとして観るといいだろう。また本来はちょっと
違うと思うが、圓照堂に登る階段の途中から
塔を見下ろす景観は悪くないと思う。