前のページへ戻る
トップページへ戻る
滝の名前 インクラの滝
滝の写真
所 在 地 北海道白老町社台
滝へのアクセス 車を停めて約1時間で到着。
滝との密着度 滝壷まで行ける。
滝を見た時
の感激度
☆☆☆☆☆

〜コ メ ン ト〜

インクラの滝。日本の滝百選の一つ。観瀑台から遠望して

いた時には大きな滝に観えたが滝壺に行くと逆に思った

よりも小さく観えた。観瀑台までは簡単に行けるが、その先は

立ち入り禁止になっているところを藪をこぎながら進むと

行った感じ。常にインクラの滝の下流の川を右手にしながら

進めばいいので道に迷うことはないだろう。そしてあと少しで

滝壺かな?といったところまで来ると最後に人間よりも大きな

岩たちが行く手を遮っている。疲れも溜まり一気に進むのは

辛そうだったので少し休もうかと思ったが、よく考えたら、この

インクラの滝は滝の前の岩盤が崩れ確か通行止めになった

はず…。まさにここのことだと思った私は怖くなって休憩を

取らずに一気に進んだ。滝壺周辺の岩盤もかなり脆いようで

ちょっと足や手を掛けると崩れることが多かった。尚、この

滝の最大の魅力は滝裏に入れることである。実は私は

滝壺・滝直下をこよなく愛しているが、それ以上に滝裏が

大好きなのである。このインクラの滝裏から眺める、滝が

落ち口から水飛沫を撒き散らしながら放物線を描き

落ちてくる姿はこの世のものとは思えない幻想的な

もので、もし、今、この瞬間にこの岩盤が崩れてきて

生き埋めになったとしても何の悔いもないや。。。って

思ったほどだった。これまでに私が観た裏見の滝でも

1、2を争う素晴らしい滝だった。


〜行程〜

9時35分駐車場出発。9時46分観瀑台に到着。

10時観瀑台出発。10時41分滝壺に到着。

12時05分滝壺出発。13時05分駐車場到着。