前のページへ戻る
トップページへ戻る
滝の名前 矢研の滝
滝の写真
所 在 地 宮崎県都農町川北
滝へのアクセス 車を停めてから35分程度で到着。
滝との密着度 滝壷までまで行ける。
滝を見た時
の感激度
☆☆☆☆☆

〜コ メ ン ト〜

尾鈴山瀑布群の一つにして日本の滝百選の一つ。下手な解説は

不要と思われるとにかく素晴らしい滝。安の滝千尋の滝

彷彿とさせるスケールの大きな滝である。高さ(73m)に加え、

幅もかなり広く圧倒的な迫力を誇っており、是非とも滝壺まで

行ってみたいと思い、 限界ギリギリまで近付く努力をしたが、

かなり足場が悪い上に何度も川を渡る必要に迫られるため、

滝の全景がはっきりとわかる場所まで進み、そこで断念した。

(追記)

その数年後に白滝を訪ねたついでに矢研の滝を再訪問する

機会に恵まれた。もちろん狙うは前回挫折した『滝壺一本』

である。この矢研の滝は滝壺に到達できなくとも5点を付けた

ほど素晴らしい滝だという印象は残っていたのだが、実は

川ポチャして戦意喪失を余儀なくされ敗退した上に、携帯と

デジカメも壊れて別行動をしていた友人との連絡も不通に

なってしまったなどの苦い苦い思い出があり、実際には滝の

ことよりもそちら災難のことの方が記憶が鮮明で、肝心の

滝のことは明確には覚えていなかった。このため、森本さん

とBALさんと電子書籍を作ることになった際に、森本さん

とBALさんが点数を5点とした時に私は一人で4点と

評価をした。あれ?矢研の滝ってそこまで(森本さんと

BALさんが揃って5点満点と評価するほど)いい滝

だったっけ?これはもちろんもう一度自分の目で確かめに

行かねばなるまい。そして再訪問時は万全を期して

スパイク長靴を持参。念願の滝壺へと難なく到達した。

初めて訪ねた時の感想でも、圧倒的な迫力を誇ると

記しているが、滝壺はさらに何倍もすざましかった。私は

それまで、九州No.1の滝は祇園滝五老ヶ滝だと思って

いたが、矢研の滝の滝壺はそれらをはるかに上回っていて

頭二つくらいは飛び抜けていると感じた。矢研の滝は九州

No.1どころか全国でも屈指の名瀑の一つであると断言

しても何の差し支えもない。装備さえしっかりしていれば

滝壺に行くのはたやすい&遠望と滝壺ではまるで迫力が

違う別物の滝であるので、ぜひ一人でも多くの滝好きに

滝壺まで行ってほしい滝である。

(追記)

さらにその1年後再訪問。ネットではレポが出てこない

禁断の右岸へと歩を進めた。やはり素晴らしい。不動の

九州No.1の滝であると言えるだろう。。。