トップページへ戻る
墓 所 名 狭間氏累代の墓
お墓の様子
所 在 地 大分県由布市挾間町挾間

〜コ メ ン ト〜

大友氏の一族である狭間氏累代の墓。狭間氏は大友氏

二代親秀の四男直重が大分郡狭間村を領したことに

始まり、地名を姓として以後300年にわたりこの地を

支配した。菩提寺である龍祥寺の西約100mにある

墓地には20数基の五輪塔があり、鎌倉時代から

室町時代末期までの狭間氏累代の墓が並んでいて

実に壮観である。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る