トップページへ戻る
墓 所 名 大伴神主家墓所
お墓の様子
所 在 地 神奈川県鎌倉市
扇ガ谷2(浄光明寺)

〜コ メ ン ト〜

代々鶴岡八幡宮の神主であった大伴家の墓所。現在

わかっているだけで、第16代好時から23代清綱まで8基の

神主墓とその親戚や家族などの墓塔23基がある。墓塔は

笏形碑、円頂形碑、舟形碑とさまざまで特に笏形の墓塔は

碑面に鳥居と笏が配されており、他に例を見ることが

できない極めて珍しいものだという。大伴家の初代神主は

清元といい、1186(文治2)年、あるいは1191(建久2)年に

鎌倉幕府によって任じられ、以後25代までその職に

あったが、1871(明治4)年神仏分離の影響を受け、

同職を離れたらしい。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る