ご尊名

秀 快 上 人
寺院名 真珠院
(真言宗智山派)
系統 高野山系
(非湯殿山系)
所在地 新潟県柏崎市西長島鳥甲
ミイラor
即身仏
即身仏 没年又は
入定年
安永9年(1780年)
3月21日
(62歳)
入定伝説 地上石室
内入定
通算
訪問回数
1 回
お寺の様子

本 堂

本 堂

入定堂

入定堂内

入定堂内

石 室
ご尊顔
お寺の
パンフレット
等より

秀快上人は、享保2(1717)年北鯖石村の竹田
久左エ門の長男として生まれ、9歳にして、真珠院
第二十世秀清上人の弟子となり、僧名を「泰音坊
秀快」とし修行に励んだ。享保17(1732)年
真言宗豊山派の総本山長谷寺に入籍留学、勉学修行に
努め、後に大学僧に就任し、精励すること20余年、
宝暦5(1755)年帰郷し、真珠院の第二十二世
住職となり、内外の教化伝導につとめた。50歳に
して、深く入定を決意し、五穀を断って、菜食で
修行すること10年、安永9(1780)年3月1日、
弟子と村人に「3月21日に入定して、肉体は此の
石室に留めて何時の世までも衆生を済度したいと
思う」と告げ、本堂裏山の入定堂の石室に入り、
真言を唱え、五鈷杵をかざし、鈴を打ちならし続け
同月21日に入定した。享年62歳。ちなみに
真言宗の開祖弘法大師と同じ命日(3月21日)で、
年齢も同じ62歳であり、真言宗の修法に基づいた
学問僧の即身成仏実証例と位置づけられ、貴重な
学術資料とされている。

俺の感想
コメント

秀快上人は比較的最近、即身仏として祀られる
ようになられた方である。というのも学術調査が
行われたのが、平成2(1990)年のことだから
である。お寺の奥様曰く調査をすることに
ついては色々と心配もあったようである。
その一つに秀快上人は本当に石棺の中に
いるのだろうかという心配(ひょっとしたら
逃げ出していてそこにはいないんじゃないか
という話もあったらしい)があり、秀快上人が
いらっしゃることが確認できた際には「とにかく
まずは秀快上人が出てきてくれてよかった」と
ひと安心されたそうである。尚、現在は秀快
上人の一般公開はしていない。奥様曰く
ご開帳したのは調査をした時と、その後に
1回のみで、今後については「いつかは
やらなきゃいけないんでしょうけどね…」と
お気持ちがないわけではないが、今の
ところ特に予定があるわけではないと
おっしゃられていた。しかしながら、
本堂の裏山にある秀快上人が入定された
入定堂と石室は自由に見てもよいという
ことだった。残念ながら秀快上人と対面する
ことは叶わなかったが、その代わりに学術
調査をした際のお話や当時の貴重なお写真
などを拝見させていただくことができた。

前のページへ戻る
トップページへ戻る