ご尊名

仏 海 上 人
寺院名 観音寺
(真言宗智山派)
系統 注連寺系
(湯殿山系)
所在地 新潟県村上市肴町15−28
ミイラor
即身仏
即身仏 没年又は
入定年
明治36年(1903年)
3月20日
(76歳)
入定伝説 土中入定 通算
訪問回数
3 回
お寺の様子

本 堂

仏海上人の墓

仏海上人の墓

入定塚

入定塚

入定塚

入定塚
ご尊顔 デ ー タ ー な し
お寺の
パンフレット
より

全海法師。俗名、長谷川善吉。慶長7(1602)年
仏海上人は、俗姓近藤庄次郎といい、文政11
(1828)年村上市安良町に生まれた。
弘化元(1844)年16歳の時、湯殿山注連寺に
入門。2年後には本明寺に弟子入りし、その後
同寺に元治元(1864)年までの15年間居住した。
文久2(1862)年より木食行に入ったが、元治元
(1864)年から慶応元(1865)年までの3年間、
仙人沢に山籠し、水行、滝壺の座禅など厳寒、酷暑、
昼夜の別なく生涯最大の荒行を行った。下山の後、
村上の観音寺住職や湯殿山の注連寺住職となり、村上・
庄内地方の布教に専念した。その間、加持祈祷は
いうまでもなく、信徒から供えられる祈祷料や布施
などで、十輪寺・観音寺・本明寺のほか多くの神社
仏閣の再興に努め、貧民救済にもしばしば金銭や
穀物を寄付した。これらの功績をたたえ、新潟県知事
から感謝状・賞状が7回も贈られている。明治36
(1903)年3月20日、76歳で観音寺裏に塚を
築いて入定、座禅をしたままの姿で永眠。この時、
死後30年後に展墓をするよう遺言があったが、
明治初年に発布された墳墓発掘禁止令のため、そのまま
放置されていた。昭和36(1961)年7月に
新潟県村上市肴町の観音寺にあるこの仏海上人の
入定塚が村上市教育委員会と日本ミイラ研究グループの
手によって発掘調査された。仏海上人は、日本最後の
即身仏志願者であり、入定塚が発掘されたのは
日本ではじめてのことである。

俺の感想
コメント

その日、俺は新潟県の即身仏巡りをしていた。
事前に観音寺に拝観の問い合わせをした
ところ、何時になっても構わないということを
言われていた。がしかし、柏崎の真珠院、
寺泊の西光寺と訪問して、西光寺をあとに
した時には、既に16時近くとなっていた。
寺泊から観音寺のある村上市はざっとみても
100キロ以上はある・・・。さすがにもう無理
かなぁ〜・・・。そう思いながら再び電話をして
みたところ、ウチは24時間365日いつでも
拝観可能ですからとのこと。どうやら、来る
ものは拒まずで、鍵も一度も掛けたことが
ないらしい。そして俺は半信半擬のまま
村上へと向かった。ところが、いや、しかしと
いうか、やはり村上に着いた時には日が
暮れてしまっていた。観音寺を探してみた
ものの行き当たらず、取り合えず瀬波
温泉の観光案内所で聞いた話しによると、
寺の人は大変難しい方で「即身仏を見に
来た」などと軽くいうと見せてくれないので
「即身仏様を拝観させていただけない
でしょうか?とお願いするように」との
アドバイスを受けた。色々と聞いていると
どうやら土地の人達には変わり者と映って
いるようだった。そして、おそるおそる
観音寺を訪ねた。。。この観音寺を
訪ねて一番驚かされるのは何といっても
止まることを知らないご住職の奥さまの
マシンガントークである。きっと土地の
方言だろう。仏海上人のことは「ぶっけ様」
と呼んでいた。それ以外の話しも方言が
きつくてほとんど聞き取ることが
できなかったが、取り合えず神妙な顔を
してずっと耳を傾け続けた。私はいつも
ならば根掘り葉掘り色々なことを質問
しまくるのだがこの日ばかりはまったく
手も足も出ず、ほとんど一方的に話しを
聞かされ、完封負けを喫して帰宅の途に
着いた。ちなみに仏海上人は明治36年に
入定した方で、現存しているものの中では
日本最後の即身仏志願者である。(発掘
されたのは昭和36年)このため、お寺には
生前のお写真を始め、仏海上人ゆかりの
ものが数多く残されており、仏海上人が
この地で生きておられたということを強く、
そして身近に感じることができ、また境内
には仏海上人が入定した塚も残されて
いて、土中入定が行われた場所を
その目でリアルに見ることができる。

(その後、何年かしてもう一度この観音寺を
訪ねた。。。やはり未だに奥様のその
圧倒的なパワーは衰えずにいたのが
妙にうれしかったりした。)

前のページへ戻る
トップページへ戻る