トップページへ戻る
墓 所 名 大崎義直の墓
お墓の様子
所 在 地 宮城県加美町鳥屋ヶ崎

〜コ メ ン ト〜

奥州探題大崎氏の第十一代当主義直の墓。大崎氏は

足利一族で、室町時代には三管領に名を連ねた

斯波氏の支族で、代々奥州探題に任じられた。

しかしながら、義直が家督を継いだ頃には家臣の

反乱が相次ぎ、鎮圧に伊達氏の救援を仰がざるを

得ないなど、伊達氏に服属しなければならない

有り様だった。また、その結果として、伊達稙宗の

次男である義宣を婿入りさせなければならないという

痛恨の事態を招いた。義宣入嗣による争いは伊達氏の

内訌である天文の乱(稙宗と嫡子・晴宗の争い)の

中で解決された。義直は晴宗方に与することで

稙宗方の義宣を討ち、一時的に伊達氏の支配から

独立することに成功、かろうじて大崎氏の家運を保つ

ことができた。尚、この円墳は義直の墓とされている

ものであるが、いくら何でもさすがにこれは違うだろ…

と思わずにはいられない代物であった。


※大崎氏の系図についてはこちらをご参照下さい。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る