トップページへ戻る
墓 所 名 渋川探題墓
お墓の様子
所 在 地 佐賀県鹿島市三河内

〜コ メ ン ト〜

渋川氏の探題墓。渋川氏は足利氏の一門で、代々

九州探題に任命されたが、優れた当主に恵まれず、

目立った治績を残すことができずに、早い段階から

権威を失い、名目的な存在となっていた。最後は

天文3(1534)年に綾部城を落とされ、渋川義長が

討死して九州探題としての渋川氏は滅亡したが、

この時の戦いの経緯については不明な点が少なくない。

綾部城を守っていたのは尹繁とも尭顕ともいわれ、

綾部城落城後は尹繁または尭顕が藤津に落ち延び、

のちに蟻尾山城の原氏を頼り、蟻尾山城に守られた

形で、谷あいに位置する能古見大木庭に隠れ住んだ

ともいう。現在でもこの地には「タンヂャア墓」と呼ばれる

五輪塔群があり、その少し下が「タンヂャア屋敷」と

称されていた場所であるという。昭和29(1954)年発行の

能古見村誌には「探題の墓。大木庭にあり。俗に

タンヂャアという。往時は探題職の住所した処で、その

邸宅跡を白丸という。その上方の叢林中のは数基の

墓標が整然として建っている」と誌されている。また

役場の方の話によると「佐賀県の戦国人名志」という

本に「探題渋川尹繁の墓塔は不明であるが、次男

尭顕、孫教貞、曾孫光氏の三代は確認できる」とある

そうだが、著者は既にお亡くなりになられており、現在

ではどの石塔がそうであるのか明確にはできない

ということであった。


※渋川氏の系図についてはこちらをご参照下さい。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る