トップページへ戻る
心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る

 なにごとの おはしますかは 知らねども 
 
 かたじけなさに 涙こぼるる



  作者 : 西行


  意訳 :
   ここにどのような神がいらっしゃるのかは
   存じ上げないが、身にしみるようなありがたさが
   こみ上げてきて、思わず涙がこぼれてしまった。



  解説 :
   西行が伊勢神宮に参詣した際に詠んだとされる歌。