前のページへ戻る

トップページへ戻る

「一之宮とは」
越後国には北に弥彦神社南に居多神社

二つの一之宮がある。延喜式によると

弥彦神社名神大社とされ、越後国内で

一番格式が高かったことが知られる。一方の

居多神社小社であり、格式からみれば

弥彦神社の方が格段に上であるといえる。

しかしながら、どちらの神社が
本来の

あるいは
先の一之宮であるのかを明確にする

史料は残されていない。最近の研究では

南北朝時代に守護の上杉氏が居多神社

保護し、
一之宮の称号を与えたという。

尚、上杉氏が居多神社に一之宮の称号を

与えるまではもう一方の弥彦神社
特に

一之宮を名乗ってなく
、その対抗上、

物部神社と組んで一之宮・二之宮を

称するようになったといわれており、どちらが

本来の一之宮であったかについては


決め手に欠ける


『〜越後国の場合〜』