前のページへ戻る

トップページへ戻る

「一之宮とは」
今でこそ、明治神宮、熱田神宮、近江神宮、

平安神宮、赤間神宮、宇佐神宮、宮崎神宮、

鵜戸神宮、霧島神宮等々、全国に
「神宮」

名乗る神社は少なくないが
『延喜式神名帳』

よると、
伊勢神宮の他に神宮と称した神社は

鹿島神宮(常陸国一之宮)

香取神宮(下総国一之宮)

二社のみであり、明治時代以前に「神宮」と

よぶことが許された神社はわずかに

この三社のみであった。

この中で、鹿島神宮香取神宮は国家

鎮護の神として特別な尊崇を受けた神であり、

平安時代には住吉大社(摂津国一之宮)

ともに、国家の財源により二十年ごとに

社殿を建て直すことが定められ、鎌倉時代

までは毎年、朝廷の使者が使わされるなど、

古来より
『伊勢神宮』に準じる重要な神社として

国からの手厚い援助を受けてきた特別な

神社であったといえる。