トップページへ戻る
心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る

 残民争採首陽蕨  残民争ひて首陽の蕨を採る、
 
 処々閉炉鎖竹扉  処々炉を閉ざし竹扉を鎖す。
 
 詩興吟酸春二月  詩興の吟は酸たり春二月、

 
 満城紅緑為誰肥  満城の紅緑誰が為に肥ゆる。



  作者 : 後花園天皇
  

  意訳 :
   人々は飢えに苦しみ争って首陽山のわらびを取っている。
   どの家のかまども火が消え、扉を閉ざしてしまっている。
   本来なら心がはずみ、詩心がわく春であるはずなのに何と
   不幸なことか。花や木はいったい誰のために輝いているのか。


  解説 :
   後花園天皇が足利義政の悪政を諌めるために贈った漢詩。
   足利義政は室町幕府の第八代将軍だが、凶作・飢饉が続発
   しても惨禍を顧みることなく、まったくの無為無策で寺社詣や
   酒宴にあけくれた。また自らの失政により応仁の乱が勃発
   しても何ら収拾策を講じることもなく、むしろ以前から続いていた
   政治からの逃避が強まり、栄華風流の世界に耽溺するのみで
   あり、洛中最大の戦闘となった相国寺合戦の最中にも平然と
   御所に籠り、側近と華やかな酒宴を繰り広げていたという。
   この詩は大飢饉となった寛正2(1461)年に飢え苦しむ民に
   心を痛めた後花園天皇が、足利義政の奢侈を諌めるために
   贈った七言絶句の漢詩で「お前の悪政のために多くの人々が
   餓死している、それでいいのか」と諫められた義政は、さすがに
   この時は新殿の造営を中止した。しかしながらそれも一時の
   ことで、義政の浪費は終生変わることもなく、最後には
   「何ごとも 夢まぼろしと 思ひしる 身にはうれひも よろこびもなし」
   というまったく無責任、無気力な辞世を残して死去した。