トップページへ戻る
墓 所 名 肝付兼重の墓
お墓の様子
所 在 地 鹿児島県肝付町前田

〜コ メ ン ト〜

肝付氏第八代当主兼重の墓。兼重は南北朝時代に

南九州における有力な南朝方として奮戦した武将で、

三俣院高城、東福寺城などの諸城に転戦し、武家方の

畠山直顕、島津貞久らの軍と激しく戦った。生涯を通じ

南九州での南朝勢力の拡大に努めたが、争乱の中で

病没した。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る