トップページへ戻る
墓 所 名 源(新羅三郎)義光の墓
お墓の様子
所 在 地 滋賀県大津市園城寺町

〜コ メ ン ト〜

源(新羅三郎)義光は、陸奥守鎮守府将軍として前九年の

役を戦い、その武勇を天下に知られた源頼義の三男である。

また、義光の兄には頼義と共に前九年の役を戦い「天下

第一の武勇の士」、「驍勇絶倫にして、騎射すること神の

如し」と称えられた長男の義家と次男義綱がいる。この

三人は、当時では珍しく同母の兄弟であり、そのためか、

兄弟仲がきわめてよかったというような伝説がいくつか

残されている。ちなみにこの三人は源義家、源義綱、

源義光というよりも八幡太郎義家、賀茂次郎義綱、

新羅三郎義光と呼ばれることの方が多い。これは、

義家が石清水八幡宮で元服したことにちなんで八幡

太郎と称し、次弟義綱が京都の賀茂神社で元服した

ことにちなんで賀茂次郎を称し、三弟義光は大津園城寺

(三井寺)の新羅大明神で元服したことにちなんで

新羅三郎と三兄弟すべてがそれぞれ神号を名乗りに

冠したものである。尚、義光は頼義の晩年の子で、兄の

義家とは15歳以上も歳の離れた兄弟であり、義光だけは

前九年の役には加わっていない。このため、二人の兄の

武名の陰に隠れて、官途につくのはきわめて遅く、永保3年

(1083)頃にようやく左兵衛尉になったが、ちょうどその頃、

後三年の役が起こったのである。応徳3年(1086)9月の

ことである。しかしながら、城柵は堅固で、なかなか落ちず、

攻防を繰り返すうちにやがて冬となって大雪に降られ、

充分な攻城戦の用意が無かった義家の軍は飢えと寒さの

ために多くの凍死者を出し敗北した。翌、寛治元年(1087)

兄・義家の苦境を知った義光は義家の援軍として出陣

することを朝廷に願い出るも勅許を得ることができなかった

ので、やむを得ず、官職を投げ捨てて、雪深い出羽に

下向し、義家の軍に参陣した。以来、この義光のエピソードは

天下の美談として永く語り継がれることとなり、後年、源頼朝

平家打倒の兵を挙げた際に弟の義経が参陣してきた時には、

義経を義光になぞらえて、しきりに喜んだという話が吾妻鏡

などにも残されている。その後、義光は後三年の役で

武功を立て、累進出世をして刑部丞となった。また、

常陸介に任じられ、佐竹郷を領して常陸北東部に勢力を

伸ばし、地盤を固め、孫の昌義の時代になり佐竹氏

名乗ることとなるのである。尚、このほかにも武田小笠原

南部氏なども義光の子孫である。(義光の墓とされる

ものは神奈川県の鎌倉市にもある。


日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る