トップページへ戻る
心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る

 
夢の世に かつまどろみて 夢をまた
 
 語るも夢 それがまにまに



  作者 : 良寛
  

  解説 :
   はかない夢のようなこの世の中で少しうとうとと
   仮睡をして、その夢を物語るのもまた夢のようで
   ある。そのままで、それでよいのだ。