前のページへ戻る

トップページへ戻る

「一之宮とは」
一之宮の成立時期であるが、現在のところ、

鳥取県の倭文神社(伯耆国の一之宮)

境内より出土した康和5(1103)年と刻銘

された経筒(山陰道伯耆国河村東郷

後坐一宮大明神と記されている)が、

一之宮に関する年代・社名の明確となる

初見例とされている。また12世紀中頃に

成立したと推定されている「今昔物語集」

にある「周防ノ国ノ一宮ニ玉祖ノ大明神

という記述も、ほぼ同時期のものだと

考えられる。このほか「中右記」の

元永二(1119)年の記事(因幡国の

宇倍神社)も古い。尚、このほかの神社に

ついても初見史料は12世紀中頃から

13世紀初め頃に集中しているので、

ほぼこの頃に一之宮制度が確立した

のではないかと考えられている。