前のページへ戻る

トップページへ戻る

『対面が叶わぬお墓』
どんなに恋い焦がれて、ホンの一目だけでも

いいから…と思っても、悲しいかな…

世の中には対面が叶わないお墓がたくさん

あります。そーです。一般公開されていない

お墓です。何とも切ない話ですが、実際に

そーいうお墓は事実かなりあります。


その昔はお墓に対する熱い熱い想いを語って

『あなたのような若くて熱心な方になら…』と

幾度となく(お墓に限らず…)非公開の壁を

破ってきた私ですが、最近ではどうもうまく

いきません。これは私自身、もう若くなくなって

しまったのと、インターネットのせいだと思います。


というのも、おそらく非公開のお墓との対面を

許されたなら、きっとその後、何らかの手段で

ネット上にその事実が公開されてしまう可能性が

高いからだと思います。それ自体は問題の

あることだとは思いませんが、そういった

『本来、非公開であるはずのお墓との対面が

許された』という事実がネット上に出回るのは、

やはりいささか問題があると言わざるを得ません。

そして、そういった情報に触れた人が

『私も対面(お参り)したい』という気持ちを

抱いてしまうからです。「ネットでお参りを

許されたっていうのを見たんですけど…」

という問合せがあるであろうことは目に

見えてますからね。まぁ〜その辺は

しょーがないところです。



……(さて、前振りが長くなってしまいましたが)



しかしながら、そうはいっても、どーしても

お目にかかりたい諦めきれないお墓が

あるのも事実…。


私が『そうはいっても、どーしてもお目に

かかりたい、諦めきれないお墓は

鎌倉の瑞泉寺にある鎌倉公方

(足利基氏・足利氏満・足利満兼・

足利持氏)のお墓です。

ダメ元で問合せをしましたが、

やっぱりダメなものはダメでした。


といってもやっぱり諦めきれない、どうにも

やるせないこの気持ち…。本当に悔しい…。

残念でならない。ここまで全国各地・津々浦々

のお墓巡りをしてきたからには死ぬまでに

一度はお目にかかりたいものだが、果たして…。