一之宮論をわかりにくく、そしてさらに複雑に

しているのは、その選定基準の不規則性に

ある。『神道大事典』によれば一之宮は

「大体の標準としては、その国内に於て

式の社格または国史の神階等を有し、

最も由緒の貴い神社」
と説明している。

確かに平安時代の法律書で各国ごとに

神社の序列が定められている『延喜式』の

中で「名神」と各国内の最高位にランク

付けされた神社の多くが一之宮となって

いることは明白な事実である。

しかしながら必ずしも国内で最も位の高い

神社が一之宮となっているとは限らない。

伊勢(二之宮の多度神社の方が社格が上)

尾張(古来、伊勢神宮に次ぐ地位に

あった熱田神宮が三之宮とされている)


のように下位の神社が一之宮になる

場合もあれば、時代によって一之宮が

交替した国もある。

つまり一之宮は制度的に秩序づけられた

ものではなく
(諸国に於いて特に由緒の

深い神社や信仰の篤い神社が、歴史的

背景の中で大きな勢力を有するに至って

おのずから神社に序列が生じて、その

最上位にあるものが一之宮とされたとの

説もある)
一之宮制度の成立起源や各国に

於ける一之宮の選定基準、選定理由などを

明確に記した書物なども残されていない

ことにより、一国に一之宮を称する神社は

当然一社であるはずであるにもかかわらず、

幾つもの神社がそれぞれに一之宮と名乗り

その地位を争う形となっているなど、混乱を

来たしているケースなども決して少なくは

ないのである。

前のページへ戻る

トップページへ戻る

「一之宮とは」