前のページへ戻る

トップページへ戻る

「一之宮とは」
実は一之宮は 『いつ、誰が、何のために、

どのようにして』
成立させたかについては

一切が不明で謎に包まれている。その理由

として一之宮は、法律や制度で決められた

ものではないため、国分寺などのように

その成立の事情を明かす朝廷側の資料が

存在しないことがあげられる。このため各神社の

古文書や史書の中の断片的な記述といった

状況証拠から推測するしかないのである。

江戸時代後期の国学者の伴信友

「一宮の事」

と題する文章で次のように書いている。

「そもそも一宮と称す神社を定られたる

事は、正しき古書どもに見えず、何の

御世何なる由にて定られしにか詳ならず、

今つらつら推考るに、延喜の神名式

定られたる後の御世に、諸国の神社へ、

神祇官或は国守などより、移送布告

すべき事などの状によりては、予て各国に

一社を定め置て、まづ其社司に告知せ、

その社司奉り専当して、国内の諸社司に

伝達せさせ、又諸社司より申す事をも

執達せさする為に、そのかみの神社の

在かたにつけて、便宜にまかせ、或は

時勢によりなどして、定められたる新式

なりしなるべし」

つまり神社に伝達する事項がある時、

それを伝えて行く順番の筆頭に位置

するのが一之宮になったということである。

したがって必ずしも最も尊い神社ということ

ではなかったのだが、時代が下るにつれて

神事も衰退して、特に一之宮の担当する

仕事もなくなり
「遂にただその称のみ遺りて、

何の由とも無く、重き社がらのごとくなり

来しものにぞあるべき」


というのが伴信友の推論である。

このように、従来一之宮制の成立に

ついては、伴が推論したように神祇官や

国司が国内諸社に布告をする場合の

便を図るためとか、国司巡拝に際し、

代表的な神社を参拝するために

便宜上定められたなどの説が出されて

いたが、
このような従来の説については

現在では否定的に考えられるように

なってきているともいう。

つまり一之宮制度の起源については

やはり一切が不明で謎に包まれている

としか言いようがないというのが

現状であるといえるだろう。