前のページへ戻る
トップページへ戻る
滝の名前 根尾の滝
滝の写真
所 在 地 岐阜県下呂市落合
滝までのアクセス 車を停めてから約1時間半で到着。
滝との密着度 滝壷まで行ける。
滝を見た時
の感激度
@観瀑ポイントからの遠望時☆☆
A滝壺☆☆☆☆☆

〜コ メ ン ト〜

日本の滝百選の一つ。駐車場から根尾の滝までは2、4キロの

道のりである。途中、ちょこちょこ根尾の滝まで○mという

標識が出ていたのは好感が持てた。滝はいわゆる典型的な

直瀑で公称63mだが、いいとこ30mだろう。正直この程度の

滝なら…という感じ。但し水量には恵まれていて滝壺は

すざましい水煙が上がっていた。また滝の右岸の岩壁は

根尾の滝を隠すようにせり出していて滝の景観を際立たせて

いる。また左岸にそびえ立つ岩盤も見上げると確かに中々の

迫力がある。が、あくまでもそれは滝とは関係のない話。

取り合えず進めるところまで進んだが、やはり百選の滝と

しては完全に物足りない。事ここに至ってはやはり滝壺を

目指すより他にあるまい。が、珍しく滝壺に行く気にならない。

どうせたかが知れてるのでは?そんな想いが頭をよぎる。

それに滝壺を目指すには胸のあたりまである深さの川に

入って遡上をしなければならなそうだし…。そんなこんなで

疲れもたまっていることだし今日はもうこれで帰ろうかなぁ〜と

思っていたら救世主が現れた。若い美男・美女のカップルが

意気揚々と「この滝は滝壺まで行けますよね!」と乗り込んで

きたのだ。そのカップルはあちこちでそうしたことをして伝説を

残しているらしい。俺はこれ幸いと順番交代で滝壺に行き、

お互いの写真を撮り合おうという話をつけた。そして滝壺に

着くとそれまでへなちょこだと思っていた根尾の滝が怒り狂った

ように俺に襲い掛かってきた。滝壺は完全に別世界だった。

やっぱり滝は滝壺まで行ってナンボだな。。。

帰り道はそのスーパーハイテンションの美男・美女と

一緒に帰ってきたので、本当に良い思い出となりました!

タカちゃん、ちぃちゃん本当にありがとう!またいつか

どこかで逢おうね!


(タカちゃんとちぃちゃんと記念撮影)