前のページへ戻る

トップページへ戻る

「一之宮とは」
山が御神体になっている一之宮は少なくない。

例を挙げれば富士山本宮浅間神社

白山比盗_社、二荒山神社、砥鹿神社

大麻比古神社などであるが、これらの神社は

山そのものが御神体となっているため、

山頂に奥宮が建立されていて、通常は

山麓(里)にある本社
に参拝するのが、

一般的な形態となっている。

しかしながら、一之宮の中には
山頂に

本社が建立
されているものもある。

鳥海山大物忌神社と雄山神社である。

もちろん両社ともに山麓に里宮が建立されて

いるのであるが、やはり
本来的には山頂に

ある本社に参拝するのが、筋だろう。


が、何とも悩ましい、誠にもって

実に
頭の痛い問題である。