滝の名前 白猪の滝
滝の写真
所 在 地 愛媛県東温市河之内
滝へのアクセス 車を停めてから約11分で到着。
滝との密着度 滝壷まで行ける。
滝を見た時
の感激度
☆☆☆☆

〜コ メ ン ト〜

白猪の滝は近くにある唐岬の滝と共に雄滝・雌滝と呼ばれ

文人墨客の探勝も多く、中でも俳聖・正岡子規、文豪・

夏目漱石の観瀑は有名で、数多くの短歌や俳句が

残されている。滝は上下段の二段に分かれて落ちる

滝で、落差もあるため非常に見応えがあり、さらに容易に

滝の直下まで行けるのもうれしい。(但し、滝の直下に

行くと上段の滝が完全に観えなくなってしまうが…)

尚、この滝は公称96mだが上段部分は観えづらく、

体感的には落差60〜70mの滝ではないかと感じる

滝である。


(※他サイトで上段の滝壺をレポートしているものに

よると、上段の滝は下段の滝と遜色のない落差がある

ようなので、あながち96mというのもウソではなさそうだ。

また下段の滝の下流部分を含めてこの滝を「三段の

滝」と紹介しているサイトもあるなど実際の落差は

『よくわからない』滝である。)

トップページへ戻る
前のページへ戻る