トップページへ戻る
墓 所 名 三浦義村の墓
お墓の様子
所 在 地 神奈川県三浦市南下浦町金田

〜コ メ ン ト〜

三浦義村の墓。義村は父・義澄に従って平家追討、

奥州征伐の軍に加わり、義澄の死後は三浦惣領家を

継いだ。頼朝の死後、北条氏が有力御家人を次々と

排除し、幕府内での覇権を確立していく中で、義村は

常に北条氏と行動を共にしたため、幕府内における

権勢は北条氏に次ぐものとなった。(しかしながら、

同族の和田義盛が北条氏打倒の兵を挙げた際には

三浦一族が結束して北条氏と戦うとの起請文まで

出していたにも関わらず、北条方に寝返ったため、

義時からは和田合戦最高の功労者と評価されたものの、

御家人の間からは非難の目が向けられ「三浦の犬は

友を食らうぞ」と罵られたという。)その後、実朝の

暗殺、承久の乱と相次いだ事件にも北条氏に協調的

姿勢で対処し、義村の権勢は北条氏を超えることは

なかったが、これと並ぶほどの力を持ち、三浦氏は

最盛期を迎えた。しかし、皮肉にも北条氏と比肩しうる

勢力を持った三浦氏は北条氏による執権体制確立の

最後の障害となり、義村の死後、北条氏に滅ぼされて

しまうことになるのである。尚、現在、義村の墓は関東

大震災の際に海中に落ちたものを組み立て直した

ものに加え、近年建立した新しい墓碑の2基がある。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る