トップページへ戻る
墓 所 名 源義家の墓
お墓の様子
所 在 地 大阪府太子町太子

〜コ メ ン ト〜

源義家の墓。義家は頼義の嫡男で、七歳の時に京都の

岩清水八幡宮で元服したので、八幡太郎といわれた。

前九年の役では父・頼義、次弟・義綱とともに出陣、

乱を平定し、「天下第一の武勇の士」「驍勇絶倫にして、

騎射すること神の如し」と称えられた。それから20年余り

後の永保3(1083)年に父・頼義と同じく陸奥守鎮守府

将軍として任国に着任すると、出羽の豪族清原氏に

内紛が起こり、やがてそれが後三年の役へと発展

するが、寛治元(1087)年には乱を平定し、京都に

凱旋した。しかしながら、この後三年の役は義家が

勝手に介入した私闘であると見做され、朝廷からは

恩賞が出されなかったため、義家は私財を投げ打って

部下の論功行賞を行った。義家が私費で行賞したことは

部下の東国武士を感激させ、同時に源家に対する

信頼の度はさらに深まり、その忠誠心はいやが上にも

増したのである。(義家の下にあった東国武士の子孫は、

源家に対する熱い思いを忘れることはなかった。後年、

義家の末裔である源頼朝が鎌倉幕府草創の兵を

挙げたとき、その旗下には義家の下にあった東国武士の

子孫達が集結したのである。)いずれにしても義家は

前九年の役、後三年の役を平定したことにより、武家の

棟梁としての確固たる地位を築いたが、頼義・義家の

二代による奥羽両国を制圧するという野望は、結局、

果たすことができなかったため、源家にとっては

「猶意趣残る国」となり、奥羽両国を制圧することは

源家累代の宿願として後年の頼朝の時代にまで引き

継がれていくこととなったのである。


※源氏嫡流の家系図についてはこちらをご参照下さい。


日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る