トップページへ戻る
墓 所 名 太田図書助資忠の墓
お墓の様子
所 在 地 千葉県佐倉市臼井

〜コ メ ン ト〜

太田図書助資忠の墓。資忠は関東管領扇谷上杉氏の

家臣太田道灌の弟。(甥という説もある。)室町時代の

中期、千葉一族は、古河公方足利氏と関東管領上杉氏

との抗争に巻き込まれ、二派に分かれて争っていた。

文明10(1478)年12月、上杉方の太田道灌は、公方方の

千葉孝胤を境根原(松戸市小金)の戦いで破り、敗退した

孝胤勢は一族の臼井持胤・俊胤の守る臼井城へ逃げ

帰った。翌文明11(1479)年正月、上杉方の太田資忠と

千葉自胤(武蔵千葉氏)の軍勢が、公方方の千葉孝胤

らが籠もる臼井城を包囲し、周辺の敵対する諸城を

攻略したが、臼井城の防備は堅固であり、落城する

気配がなかったため、資忠らは一旦兵を引き上げようと

した。その時、城内から兵がどっと討って出て、上杉方と

激しい戦いとなり、ついに 臼井城は落城したが、この

戦いにおいて、資忠をはじめとする多くの上杉方の

武将も討ち死にしたという。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る