トップページへ戻る

 ひさかたの 光のどけき 春の日に
 
 しづ心なく 花の散るらむ  



  出典 : 古今和歌集


  作者 : 紀友則

  
  解説 :
   こんなにのどかな春の日のなかで、なぜ
   桜の花はあわただしく散っていくのだろう。


心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る