前のページへ戻る

トップページへ戻る

2008年11月29日、佐渡島にある妙宣寺の

五重塔
を訪ねた私は日本に現存するすべての

五重塔との対面を果たし終えました。しかし

『あと、妙宣寺の五重塔さえ観ることが

できれば、日本に現存するすべての五重塔

との対面を果たし終えることができる』そんな

状態の中、佐渡島へと向かった私でしたが、

あと一つで五重塔完全制覇達成という

状況であったにも関わらず、私のテンションは

一向に上がることはありませんでした。完全

制覇達成といえば、この1年余り前に私は

日本に現存するすべての即身仏との対面を

果たし終えた
のですが、その時に最後の

即身仏に逢いにいく道中で何とも言えぬ

抑え難い高揚感をビンビンに感じまくって

いたのとはまるで好対象で、自分でもビックリ

するくらい落ち着きはらっている「自分自身」を

客観的に観察する余裕があったほどです。

結局、妙宣寺の五重塔は事前に想像して

いたものよりも遥かに素晴らしい塔で感動も

ひとしおでしたが『日本に現存するすべての

五重塔との対面を果たし終えた、五重塔の

完全制覇を達成した』という事実については

やり遂げたという達成感や到達感や満足感を

得ることもなく、ほとんど何の感情も持たずに

むしろ冷めていたというのが実際のところ

でした。前述の日本に現存するすべての

即身仏との対面を果たすべく、最後の一体と

なった即身仏に逢いに行った時
に、きっと

即身仏の完全制覇を達成した暁には

自分自身に何らかの劇的な変化が起こる

のではないかと猛烈な期待をしていたにも

関わらず、結局それらしいことは何も

起こらなかった経験から単に完全制覇を

成し遂げるということには何ら意味を

見出だすことができなくなっていたのだろうと

思います。また完全制覇を達成したからと

いっても、それでもう五重塔の訪問は

二度としないということでもありません。

事実、私は完全制覇を成し遂げた後にも

心底感動した法隆寺醍醐寺明王院

室生寺の五重塔などには再訪問をして

います。(他にも最勝院羽黒山

法華経寺日光東照宮
旧寛永寺

本門寺大石寺興正寺東寺

仁和寺法観寺海住山寺興福寺

厳島神社備中国分寺瑠璃光寺

の五重塔にはこれまでに何度も足を

運んでいます)つまり私はすべての

五重塔との対面を果たすために仏塔

巡りをしていたのではなく、単に五重塔が

好きなので一つでも多くの五重塔を目に

したいという気持ちから五重塔巡りを

していたわけであり、結果、気が付いたら

現存するすべての五重塔の訪問を

達成していたというだけの話しで、

それは単なる通過点に過ぎないもの

だったわけです。そして何といっても、

日本には五重塔のみならず、三重塔も

多数現存しています。こちら(三重塔)は

わずかに二十二基しか現存していない

五重塔とは違い、実に百基以上も

現存しています。私は五重塔と同じように

三重塔も好きなのでコツコツと訪ね

歩いてはいますが、いつかすべての

三重塔との対面を達成する日は果たして

やってくるのだろうか…。


『すべての五重塔
 との対面を終えて…』