トップページへ戻る
墓 所 名 一条康政の墓
お墓の様子
所 在 地 高知県四万十市江ノ村
(長法寺)

〜コ メ ン ト〜

康政は一条房基の弟で、兼定の叔父に当たる。兼定の

放逸を諌めたが、聞き入れられず、久才川の青枝谷に

隠居した。その後兼定が長宗我部元親に滅ぼされると

追討を逃れるため落髪して仏門に入り、江ノ村に

長法寺を創建した。康政はこの地で亡くなり、墓は

当初寺の東の墓地にあったが、大正初年に本堂の

北西に移転されたものである。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る