トップページへ戻る
墓 所 名 赤松教康の墓(赤松塚)
お墓の様子
所 在 地 三重県津市美杉町丹生俣

〜コ メ ン ト〜

赤松教康の墓。教康は嘉吉の乱を起こした満祐の

嫡男で、嘉吉の乱では叔父則繁とともに将軍・足利

義教殺害の中心的役割を果たした。教康はその日の

うちに父・満祐とともに一族を率いて播磨に下向、

幕府の追討軍を迎え撃つも、日を追うにつれ敗色が

濃厚となった。赤松一族の最後の拠点・城山城の

落城に際し、父・満祐の「再起を期せ」との厳命により

脱出、妻の実家である伊勢国司・北畠教顕を頼って

伊勢に逃れたが、累のおよぶことを恐れた教顕に

よって殺された。一説に自害ともいう。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る