※( )内の数字は当主の代数を示す

前のページへ戻る

トップページへ戻る

義光流甲斐武田氏系図

清和源氏新羅三郎

(武田)
(木曽)
義仲
義賢
┌─┤
(室町幕府将軍)
(新田)
(足利)
・・・義貞
・・・尊氏
(鎌倉幕府将軍)
義康
義重
義国
頼朝
義朝
為義
義親
(新羅三郎)
義光
義綱
(八幡太郎)
義家
頼義
(河内源氏)
(摂津源氏)
頼信
┌─┤
頼光
(源)
満仲
経基
貞純親王
陽成天皇
清和天皇
〜源氏嫡流〜
────┤
義忠
┌──────┐
(佐竹)
義業
昌義・・・
(武田)
(南部の祖)
光行・・・
(小笠原の祖)
(加賀美)
長清・・・
┌─┤
遠光
(逸見)
信義
─┤
清光
義清
実朝
頼家
┌──
─┐
忠頼
兼信
有義
信光
光長
義定
(安田)
┌─
(一条)
(板垣)
(黒坂)
信長
信政
信忠
朝信
─┐
┌──
(一条)
信綱
信泰
政綱
信時
┌──
信家
貞信
政義
信武
信宗
時綱
義武
信明
氏信
信成
┌──
(大井)
(穴山)
信満
信春
満春
(穴山)
福寿丸
貞政
──
──
┌──┤
信元
信長
信重
信介
信守
(穴山)
信昌
信恵
信縄
(油川)
(勝沼)
信友
信虎
信在
信守
信繁
┌──
──
信栄
(安芸武田氏)
信賢
国信
信親
元信
元光
信実
元綱
光和
元繁
元明
義統
信豊
信実

┌──
晴信
┌──
義信
信繁
信親
勝頼
信清
盛信
(仁科)
信豊
信廉
信勝
○武田氏系図の考察
 武田氏の系図には異説がある。以下に主な異説等を紹介する。
  ・武田氏は信玄に至る系統が嫡流だとされているが、これに対する異論も
   少なくない。但し、ここでは通説通り信玄に至る系統を本家嫡流とする。
  ・武田家の家祖義光を初代とし、信玄を十九代とする系図が一般に知られて
   いる。しかしながら、系図は一本に描けても必ずしも直系歴代で嫡子相続
   を守れたわけではない。実際には鎌倉時代の四代信義の後に忠頼、有義が、
   六代信政の後に信長が、また室町時代の十三代信満の後に信元、信長、
   伊豆千代丸がそれぞれ惣領職を継承していたのではないかとする有力な
   説がある。
  ・武田氏は新羅三郎義光以後、信玄至る本家嫡流が代々甲斐守護職を継承した
   とされているが、鎌倉時代においては、この系統(本家嫡流)の安芸守護在任
   を示す資料が数多く残されていてにわかに信じ難い。
  ・五代信光は承久の乱の恩賞で安芸守護に任じられ、その後、蒙古襲来時に
   幕府の命により、本家嫡流は安芸に下向した。つまり信光−信政−信時−
   時綱−信宗−信武と続く直系歴代(本家嫡流)は本拠を安芸に移し、一方、
   信政の子の政綱−信家−貞信−政義と続く流れ(石和流武田氏)は石禾御厨
   に本拠を置いた。このことから鎌倉時代においては本家嫡流が安芸、庶流の
   石和流武田氏が甲斐を支配していたと思われる。
  ・信光以後、鎌倉時代を通じ甲斐守護職については明証を欠くが鎌倉時代末期
   には石和流武田氏の政義が甲斐守護職に就いていることが明らかである。
   これらのことから石和流武田氏こそが甲斐武田氏の嫡流で代々甲斐守護職に
   就いていたとの説もある。
  ・鎌倉時代末に甲斐守護を勤めた石和流武田氏の政義は南北朝時代に当初は
   足利尊氏方の守護として活躍したが、その後、弟の貞政を含め後醍醐天皇方
   に転じたため、守護職を解任され悲運の死を遂げた。この後、石和流武田氏
   の力は次第に衰えることになった。
  ・南北朝時代の本家嫡流の武田信武は終始尊氏方として行動し、甲斐守護職を
   石和流武田氏の政義から奪い取った。すなわち武田家は信政の子、信時・
   政綱兄弟の時に安芸と甲斐に分かれたが、信武の代に至り、安芸の武田家
   (本家嫡流)が、庶流の石和流武田氏に奪われていた甲斐守護職を回復した
   のである。このような経歴から信武は武田家中興の祖といわれている。なお、
   信武の子供のうち、信成の系統は甲斐守護を氏信は安芸守護をそれぞれ継承
   することとなった。
  ・甲斐守護職を本家嫡流が代々継承したかのように伝えられているのは信武が
   甲斐守護職を回復し、石和流武田氏との力関係が逆転した後世になってから
   作られたものであるとの説がある。
  ・一般に武田家が甲斐と安芸に分かれたのは信武の子の信成・氏信の時と
   されているが、実際には四代前の信時・政綱の時代に分かれている。
  ・十代信武の子、信成・氏信の長幼の順序については系図によってまちまち
   であり、明確ではない。浅羽本武田系図によれば氏信が武田家惣領として
   安芸守護職に就いたとされているなど、信玄に至る信成の系統ではなく、
   氏信の系統が武田氏の総本家(嫡流)であるとの説もある。
  ・武田家の本家嫡流は十二代信春、十三代信満、十四代信重と三代続けて歴代
   当主が一族間の勢力争いなどが原因で敗北自害している。
(若狭武田氏)
(上総武田氏)
(安芸武田氏)
(甲斐武田氏)
(石和流武田氏)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

(19)

(20)

(信玄)
伊豆千代丸