前のページへ戻る

トップページへ戻る

四季折々の滝を巡る旅
『〜滝の数え方(滝の単位)〜』

本を数える時の単位は1冊、2冊・・・。
 
温泉を数える時の単位は1湯、2湯・・・。

 
住宅を数える時の単位は1件、2件・・・。
 
では滝の数を数える時の単位は何でしょうか?
 
改めていわれてみると、よくわからないし、

 
そういえばどうなんだろう?って思いませんか?

 
これについては少し面白い話があります。
 
それは2007年の6月まで遡ります。その日
 
テレビチャンピオンの滝通選手権の収録に
 
臨んだ時のこと。収録の合間の休憩時間に
 
「日本の滝@東日本661滝」
 
「日本の滝A西日本767滝」の著者であり
 
滝通選手権の監修をしていた北中康文先生
 
を取り囲んで滝談義をしていた私達に番組の
 
製作スタッフから『そういえば、滝を数える時の
 
単位って何ですか?』といった素朴な質問が
 
寄せられました。しかし、そこには滝に精通して
 
いる猛者たちが集まっているにも関わらず、
 
即答できる人が誰もいませんでした。

 
その後、再び北中先生を中心にこの難問?
 
ついての意見交換を行いました。「1滝、2滝?
 
1件、2件?それとも1ヶ所、2ヶ所?」と
 
色々な意見が出ましたが、結論としてはやっぱり
  
「1本、2本といった数え方が一番いいだろう。」
 
ということに落ち着きました。