前のページへ戻る

トップページへ戻る

四季折々の滝を巡る旅
『日本に滝はどのくらいあるのか』

昭和61、62年度に当時の環境庁が自然環境
 
保護法に基づく自然環境保全基礎調査

 
(緑の国勢調査)の一環として、自然環境
 
保全上重要な要素である自然景観について、
 
何がどこに、どのような状態で存在しているかを
 
全国的視野で把握するため、各都道府県に

 
委託し、地形学、地質学などの専門家が文献
 
調査、ヒアリング調査を行い、図面上での計測を
 
主体に、必要に応じ、現地調査を加えての
 
調査を行った結果、日本には『2488本』の
 
滝がある報告されました。しかしながら、
 
実際にはこの調査から洩れた滝も多数あると
 
考えられ、それらの滝を合わせると全国には
 
5000本以上の滝があると想定されています。