前のページへ戻る

トップページへ戻る

「一之宮とは」
出羽国の一之宮は鳥海山大物忌神社で

本社鳥海山の山頂にあるが、ふもとには

「口ノ宮」とよばれる
里宮吹浦蕨岡

二ヶ所にある。江戸時代にはこの二ヶ所の

里宮が
一之宮の称号をめぐって争った

ことがあり、結局は宝永元(1704)年に

幕府の裁定山頂が本社に、里宮が

「口ノ宮」
となり、三社を総称して

「鳥海山大物忌神社」となった。

『〜出羽国の場合〜』