トップページへ戻る
心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る

 人の一生は重荷を負って遠き道を行くが
 
 如し、いそぐべからず。不自由を常と思えば
 
 
 不足なし。心にのぞみおこらば困窮したる  
 
 時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基。  
 
 怒りは敵と思え。勝つ事ばかり知って負くる  
 
 事を知らざれば、害、その身に至る。己を
 
 責めて人を責むるな。及ばざるは過ぎたる  
 
 より勝れり。  



  作者 : 徳川家康

  
  解説 :
   東照宮(家康公)御遺訓としてあまりにも有名な言葉で
   誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
   まさに家康の一生を凝縮したかのような言葉です。
   (しかし実際にこの言葉は家康本人が残したものではなく、
   後世に家康の言葉として創作されたものというのが真実の
   ようですが・・・)