トップページへ戻る
墓 所 名 中村一氏の墓
お墓の様子
所 在 地 静岡県静岡市
葵区大岩町(臨済寺)

〜コ メ ン ト〜

中村一氏は豊臣(羽柴)秀吉の家臣で岸和田城

城主(3万石)、水口城城主(6万石)を経て、家康の関東

移封後には家康の抑えとして駿府城城主(14万5000石)と

なった。また、秀吉晩年には、堀尾吉晴・生駒親正とともに

三中老の一人に数えられたが、関ヶ原の戦いでは東軍に

属した。しかし一氏は合戦直前の7月17日に病没。

合戦には弟の一栄が出陣した。

日本全国歴史的人物の墓を巡る旅のトップページへ戻る