トップページへ戻る

 待てど 暮らせど こぬ人を 
 
 宵待草(よひまちぐさ)の やるせなさ
 
 今宵は月も 出ぬさうな



  作者 : 竹久夢二


  解説 :
   竹久夢二が大正2年に作った小唄。のちに多忠亮
   によって曲がつけられ、大正末期に流行した。


心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る