前のページへ戻る
『塔の種類について』
われわれが通常「塔」と呼び親しんでいる

のは三重塔や五重塔のような「層塔」である。

層塔は、平面が方形で、層数は三・五・七・

九・十三の奇数層とする三重塔、五重塔、

七重塔、九重塔、十三重塔の五種類が

あるが、現存するのは三重塔、五重塔、

十三重塔だけである。

ちなみに江戸末期までに建立された各種塔の

現存するものを見ると、十三重塔1基、

五重塔22基、三重塔105基の合わせて

128基がわずかに残っているに過ぎない。

(但し、談山神社に現存する十三重塔は、

層塔ではなく、二層以上の軒を重ねた

檐塔に属する。)

トップページへ戻る