トップページへ戻る

 いにしえの 道を聞きても 唱えても 
 
 我が行いに せずばかいなし



  出典 : 日新公いろは歌


  作者 : 島津忠良(日新斎)


  解説 :
   昔の賢者の立派な教えや学問も、口に唱える
   
だけで、実行しなければ何の役にも立たない。
   実践実行がもっとも大事である。

心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る