トップページへ戻る
心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る

 一筆啓上 火の用心 
 
 お仙泣かすな 馬肥やせ



  作者 : 本多重次
  

  解説 :
   日本一短い手紙として有名なこの一文は、本多重次が
   天正3年 (天正1575年)の長篠の戦いの陣中から妻に
   あてて書いた手紙である。