トップページへ戻る
心を打つ、美しい日本語のトップページへ戻る

 
ふるさとは遠きにありて思ふもの
 
 そして悲しくうたふもの
 
 
 よしや  
 
 うらぶれて異土の乞食となるとても  
 
 帰るところにあるまじや
 
 ひとり都のゆふぐれに
 
 
 ふるさとおもひ涙ぐむ  
 
 そのこころもて  
 
 遠きみやこにかへらばや  
 
 遠きみやこにかへらばや



  作者 : 室生犀星